コーヒーの豆知識

【一目でわかる図解付】カフェオレ、カフェラテ、カプチーノの違い

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノの違い

カフェやコーヒーショップはもちろんですがイタリアンやフレンチレストランに行くとメニューに必ずと言っていいほどある

「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」

スタバやタリーズ、ドトールなどの登場で、より身近になったコーヒー。

今ではコンビニでも美味しいコーヒーが簡単に飲むことができます。

あなたが普段何気なく飲んでいるこれらのコーヒーの違いってご存知ですか?

どれもミルクが入っているのはわかりますが、実は違いはよくわからないって方がほとんどだと思います。

ですが、なんとなく聞きづらくないですか?

そこで、この記事では

  • カフェオレとカフェラテの違い
  • カフェラテとカプチーノの違い
  • ドリップコーヒー(普通のコーヒー)とエスプレッソの違い

を詳しく解説しています。

この記事を読めばあなたもコーヒー通の仲間入り!?

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレのスペルは「cafe au lait」で、フランス語です。

カフェラテのスペルは「cafe latte」で、英語です。

「lait」と「latte」は、どちらもミルク(牛乳)のことです。

カフェオレとカフェラテは、どちらもコーヒーにミルク(牛乳)が入った「ミルクコーヒー(コーヒー牛乳)」なんです。

どちらもミルクコーヒーですが、実はコーヒーの種類が全く異なります。

カフェオレの特徴

カフェオレの特徴

ドリップで抽出したドリップコーヒー(普通のコーヒー)にミルクを加えたものがカフェオレです。

コーヒーとミルクの割合は通常、均等の1:1になっています。

豆の種類は比較的浅煎りの酸味があり苦みが少ない豆が使われています。

けい
アイスカフェオレを作る時には、仕上げにクリームを入れてやることで味がグッと引き締まりますよ。

カフェラテの特徴

カフェラテ

エスプレッソマシンでエキスを抽出したエスプレッソコーヒー(30mlほどに凝縮した濃いめのコーヒー)に蒸気で温めたミルク(スチームミルク)を加えたものがカフェラテです。

カフェラテのミルクは蒸気で温めたミルク(スチームミルク)。

コーヒーとミルクの割合は通常、2:8になっておりミルクが多めになっています。

  • カフェオレ=ドリップコーヒー(普通のコーヒー)+スチームミルク
  • カフェラテ=エスプレッソ+スチームミルク
けい
スチームミルクはスチームドミルクとも言います。

カフェラテとカプチーノの違い

カフェラテとカプチーノの違い

カフェオレとカフェラテの違いはコーヒーでしたが、カフェラテとカプチーノの違いはミルクの量にあります。

見た目がとてもよく似ていますが、カプチーノはフェラテと比べるとちょっとビターな味わいで、フワフワの口当たりがとても心地いいです。

カフェラテはミルクの泡が薄いのでラテアートができます。

カプチーノの特徴

カプチーノの特徴

エスプレッソにスチームミルクと蒸気で温めて泡立てたミルク(フォームミルク)を加えたのがカプチーノになります。

一般的にはエスプレッソ:蒸気で温めたミルク(スチームミルク):蒸気で温めて泡立てたミルク(フォームミルク)の割合は1:1:1となっています。

喫茶店によっては、シナモンスティックが添えて出てくる場合もあります。

シナモンスティックでかき混ぜてシナモンの香りを楽しみましょう。

けい
カフェで初めてシナモンスティックが出てきてかじってしまったのは、いい思い出です(笑)

濃いコーヒーが好きであれば、エスプレッソとミルクの割合を1:1にすれば”マキアート”になります。

けい
マキアートは本来はエスプレッソにスプーン1杯ほどのミルクを落としたものとも言われています。

エスプレッソにチョコレートシロップ、スチームミルクを加えると”カフェモカ”になります。

カフェモカはいろいろなトッピングをしてスイーツコーヒーとしても楽しめます。

  • カプチーノ=エスプレッソ+スチームミルク+フォームミルク
  • マキアート=エスプレッソ+フォームミルク少々orエスプレッソと同量
  • カフェモカ=エスプレッソ+スチームミルク+チョコシロップ+トッピング
けい
フォームミルクはフォームドミルクとも言います。

ドリップコーヒー(普通のコーヒー)とエスプレッソの違い

ドリップコーヒーとエスプレッソの違い

カフェオレとカフェラテの違いはドリップコーヒーを使うかエスプレッソを使うかの違いでした。

では、ドリップコーヒーとエスプレッソの違いを解説したいと思います。

ドリップコーヒーとは

ドリップコーヒーとは

「ドリップコーヒー」とは、挽いたコーヒー豆の上からお湯を注いで抽出(ドリップ)したコーヒーのことです。

ドリッパーを使って淹れたコーヒーもコーヒーメーカーを使用して淹れたコーヒーもどちらもドリップコーヒーです。

ドリップに適したコーヒー豆は、中挽きや細挽きになります。

エスプレッソとは

エスプレッソとは

焙煎した粉状のコーヒー豆に圧力をかけて、短時間で抽出したものを”エスプレッソ”といいます。

普通のコーヒーと比べると量が非常に少ないです。

けい
なにも知らずに注文すると量が少なくてびっくりしますよ。

とても濃厚な味わいとなっており、一見カフェインが多そうに感じますが、普通のコーヒーよりもカフェインの量は少ないのです。

エスプレッソの発祥の地であるイタリアでは、砂糖をたくさん入れて飲むのが主流となっています。

エスプレッソで使うコーヒー豆は、苦みが出やすいもっとも細かい極細挽きを使います。

一目でわかるカフェオレ、カフェラテ、カプチーノなどの違い

けい
違いが一目でわかるように図にしてみました。

一目でわかるコーヒーの違い

けい
一般的な割合ですので、あとはお好みに合わせて変えてみてください。

まとめ

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノの違いまとめ

いかがだったでしょうか?

違いがわかりましたか?

同じミルクが入ったコーヒーでもかなり違いがあります。

あなたのその日の気分によって、変えてみてはいかがでしょうか。

けい
朝からシャキッと目を覚ましたい時にはカフェインが多めのカフェオレがおすすめです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

けい

コーヒーが大好きな「いいねcafe」管理人のけいです。 毎朝起きてコーヒーを淹れることから私の一日は始まります。 好きなコーヒーは、カプチーノの砂糖なし。 「1日3杯」のコーヒーブレイクはかかせません。 このサイトでは、自宅で簡単に美味しいコーヒーを飲む為の情報を発信しています。よかったら参考にしてください。

-コーヒーの豆知識
-, ,